秋季リーグ

試合結果 2勝4敗
2部 5位

9月10日(土)
12時30分

太陽が丘体育館

京大

×

25

(15-12 , 10-14)

26

近畿大

9月17日(土)
14時05分

佛教大体育館

京大

×

21

(10-12 , 11-11) 

23

龍谷大

9月19日(月・祝)
15時40分

同志社大体育館

京大

26

(15- 5 , 11- 6) 

11

×

滋賀医科大

9月24日(土)
10時00分

太陽が丘体育館

京大

21

 (10- 7 , 11- 7)

14

×

京都府立医大

10月1日(土)
15時30分

太陽が丘体育館

京大

×

21

(13-12 ,  8-13)

25

大阪大

10月8日(土)
14時05分

京都大体育館

京大

18

 ( 6-17 , 12-17)

34

×

天理大

会場案内

八幡   八幡市民体育館(075-981-6111)
     ・京阪「八幡市」よりバス(30分に1本)又はタクシー1600円程度
     ・駐車場は無料
太陽が丘 山城総合運動公園(0774-24-1313)
     ・京阪「宇治」orJR「宇治」から「太陽が丘」行バス15分
     ・近鉄「大久保」から「太陽が丘」行バス20分
舞洲   舞洲アリーナ
     ・大阪環状線西九条駅より市バス「81舞洲スポーツアイランド」行きで
      「舞洲中央」停留所で下車
     ・JRゆめ咲線桜島駅前から「舞洲アクティブバス」で「アリーナ東」下車
神国大   神戸国際大学(078-845-3111)
     ・六甲ライナー「マリンパーク」より徒歩約10分
     ・駐車場は利用禁止
岸和田  岸和田総合体育館(0724-41-8200)
     ・南海本線「春木」南東へ徒歩15分
     ・JR阪和線「久米田」北西へ徒歩15分
     ・駐車場は有料

9月10日(土)

京大 × 25(15-12, 10-14) 26 ○ 近畿大

 リーグ初戦と相手DFが予想外の1-5DFということもあってか、立ち上がりは若干の硬さがありました。しかし、プレーヤー全員で声を出して、足を動かすことを徹底して早い段階で硬さはとることが出来ました。
 前半はしばらくの間点差を広げられないシーソーゲームの展開が続きました。しかし、中盤あたりから2点差を広げ、最終的に速攻で3点差とし前半を終えました。OFに関しては、サイドがダブルポストに入ったり、ポストやフローターが積極的にボールを繋ぎにいくことによって1-5DFのマークミスを誘い、攻めきれていました。また、逆サイド側でのワンマン速攻もあり、いい流れで攻めることができていました。DFに関しては、相手の正45にロングを打たれてしまうシーンは何本かありましたが、基本的に高めのラインを作って守れていたと思います。しかし、逆にDFの裏があいてしまいポストにパスを落とされての失点が何本かありました。
 後半は開始時に速攻が決まったこともあり、いい滑り出しでした。5点でリードしている時間帯もありましたが、逆速攻とこちらのシュートミスから徐々に点差を詰められ、試合終了間際に逆転を許してしまいました。キーパーの好セーブもありましたが、流れを引き戻すことが出来ませんでした。OFに関しては、基本的には前半と同じ流れで攻めようとしていましたが、相手が1-5DFを高くし3-3DFのような形を取り始めたことでボールが回らない場面が見られるようになってきました。リードしている時間帯はその点差を守ろうと消極的になってしまい結果的にミスが生まれ逆速攻されてしまいました。また、相手キーパーが交代した後のシュートミスが目立ちました。DFはセットOFでの失点よりも逆速攻での失点が目立っていました。速攻戻りが遅いというよりは、パスミスやカットからの戻りが間に合わない速攻でやられたように感じます。
 今回の敗因としては、上記で述べたように ミスからの逆速攻と リードしたときの時間の使い方、攻め方が挙げられます。これらの敗因を理解し、これからの練習を通して改善していきます。今回の敗戦はリーグを通しては大きな一敗ですが、この敗戦をバネにしてこれからの試合をチーム一丸となって頑張っていきます。

9月17日(土)

京大 × 21 (10-12, 11-11) 23 ○ 龍谷大

 初戦に負けてしまい、負けられない試合となりました。そのプレッシャーからか、京大のハンドボールができませんでした。勝たなければならないという思いは強かったですが、気持ちが空回りしてしまいました。
 前半の出だしはお互い一歩もゆずらない形でしたが、中盤あたりで京大のミスが増え、連続失点となり、流れをとりもどすことができずませんでした。相手の二点リードで後半へ折り返しました。
 後半、京大は連続得点がなかなかできず、点差を縮めることができませんでした。また、相手チームの退場が続く場面があり、何度も得点のチャンスはありました。しかし、焦りからか落ち着いたプレーができず、得点することができませんでした。ノーマークでのシュートも得点につながらず、キーパーに止められてしまう場面が多かったです。チャンスは何度もありましたが、ものにすることができませんでした。
 連続二敗し、非常に厳しい状況ですが、気持ちを切り替え、残りの試合に挑みたいと思います。

9月19日(祝)  

京大 ○ 26 (15- 5, 11- 6) 11 X 滋賀医科大

 今回の試合は全体を通して、パス・キャッチミスが少なかったと思います。シュートミスも枠外にうつことはほとんどありませんでした。雰囲気もよく、試合にでていない選手も一緒に盛り上がれたのではないかと思います。
 前半は京大ペースで、ルーズボールの処理もできていました。油断することなくプレーできていたと思います。DFでは牽制にも積極的にでて、相手のミスが増えました。10点差をつけ、後半へ折り返しました。
 後半も終始自分たちのハンドボールができていたと思います。京大が得点できない時間帯もありましたが、DFで粘り、失点することもありませんでした。また、相手チームのエースにも徹底したDFで攻撃を防ぎました。不調の選手もいましたが、チームみんなでフォローし、チームで得点できていたと思います。
 この試合では1回生にも出場する機会がありました。初めてリーグ戦に出場した選手もおもいっきりプレーできていました。もっと1回生にも出場できる機会を与えられるようにしたいです。

9月24日(土) 

京大 ○ 21 (10- 7, 11- 7) 14 X 京都府医大

 前半、順調に得点を重ね相手の失点も最低限におさえることができてしました。しかし、前半の中盤あたりから京大のミスが増えていきました。自分たちのミスから相手に速攻される場面がみられました。
 後半も前半と同じような流れのままスタートしました。点をとらないといけない、という焦りからか単発のシュートが多かったです。しかしラスト10分くらいでは京大のペースになり、連続で速攻も決まったりと、良い流れで試合を終わることができました。
 今回の試合はノーマークシュートを外すことが多くみられました。しっかりDFできているにも関わらず、ノーマークシュートを外すことは非常にもったいないです。1点1点の重みを考えてプレーしなければいけないと実感しました。
 残り2試合、厳しい試合になると思いますが、精一杯プレーしたいと思います。

10月1日(土)

京大 ○ 21 (13-12,  8-13) 25 X 大阪大

 前半は終始、点をとってとられてと接戦でした。京大は警告や退場が多くみられましたが、そんな時も気持ちを緩めることなく、集中していました。逆速攻されてもキーパーの好セーブもあり、ペースを握られることはありませんでした。しかし、京大のペースというわけでもなく、両チームとも譲らず、1点リードで前半を折り返しました。
 後半の中盤まではお互い一歩も譲らない試合でした。しかし、中盤あたりから京大のミスが増え、なかなか得点をすることができなくなりました。2点リードしている時もありましたが、そこからさらに点差を広げることはできませんでした。また、ラスト10分は京大は無得点でした。得点できない焦りからか、さらにミスが増え、阪大のペースでした。阪大はチャンスをしっかりと得点に結びつけ、京大が得点できない時間帯に得点を重ね、4点差をつけられ、試合終了となりました。
 大事な阪大戦で負けてしまい、入れ替え戦へいくことができなくなりました。次の天理戦で4回生は引退です。周りの方々の支えを裏切らない様な試合をしたいと思います。本当に悔いの残らない試合をし、笑って引退できるように残りの練習に励みます。

10月8日(土)

京大 X 18 ( 6-17, 12-17) 34 ○ 天理大

 秋リーグ最終戦、4回生引退試合、みんなが悔いのない試合にしようと決め天理戦に挑みました。
 前半は徐々に点差がひらいていきました。15分あたりから10分間ほど、得点するチャンスもあまりなく、無得点でした。また同時にミスも増え、逆速攻を何本もされてしまいました。中盤からは天理のペースでした。思うように天理のDFをくずすことができず、全く攻めることができませんでした。
 後半の序盤は京大の元気が戻り、得点を連取することができました。セットオフェンスではなかなかく天理のDFを崩せませんでしたが、速攻で点をとりました。後半はミスが少なくなり、シュートも前半よりも決まり、得点することができました。しかし、前半にひらいた点差を縮めることはできませんでした。
 天理に勝つことはできず、有終の美を飾ることはできませんでしたが、みんなで力を出しきりチーム一丸となれたと思います。
 4回生は引退し、新しい代になります。私達4回生が果たせなかった「一部昇格」という目標を来春に果たしてほしいと思います。
 OBの方々、京大ハンド部の関係者の皆様に支えていただいて本当に感謝しています。ありがとうございました。またこれからもよろしくお願い致します。